FC2ブログ
事故の教訓

予算決算委員会に出席します。各分科会長の報告のあと、締めくくり総括質疑が行われました。補正予算に一昨年の市電の交通事故と、昨年のガードレールの転落事故の賠償金が含まれています。2件で金額にして約1億5千万円になります。危険と隣り合わせで生活している実態を考えると、危機管理は必須要件です。裁判が良くも悪くも身近となり、時代の趨勢も重なり、賠償金は高額化の傾向にあります。お金で解決するわけではありませんが、今回を契機に保険契約の見直しも予定しているそうです。市長の発言にもありましたが、事故を教訓に再び繰り返されることのない万全の態勢を整えることが第一です。また議員が偉そうなことは言えませんが、職員の皆さんの高い意識も欠かせません。さてHPの議事録に一般質問の動画をアップしました。項目毎にご覧戴けますので、興味のある項目をクリックしてご覧ください。
スポンサーサイト

| HOME |