FC2ブログ
将来への布石

先日BSで『路面電車が都市を救う』と題して富山市の事例が取り上げられました。富山市は森 市長の公共交通、中でもLRTを基軸にしたコンパクトシティーを街づくりの指針にしています。私も2回訪れましたが、富山駅から北に延びるポートラム、市街地を巡回するセントラムは、市民の足として利用されていることを実感しました。森 市長の話では富山市もモータリゼーションの発展とともに郊外に拡散していったそうです。当然、行政維持管理コストも拡大の一途を辿っていました。そこでこれからの人口減少時代を考え、公共交通網を整備することで市民や将来の交通弱者を駅や路線沿いに呼び込むことを考えました。熊本市も以前は子飼や南熊本方面に電車が走っていました。今さらですが、惜しいことをしました。その意味では私たちは将来の熊本市にも責任を負うことになります。さて電車をどう活用しますか?
スポンサーサイト

| HOME |