FC2ブログ
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

速記の方の席です

今日から12月議会がスタートしました。今回は年明けに選挙を控えていることから一般質問も11人が登壇されます。また本日『TPP交渉参加への慎重な対応を求める意見書』が全会一致で可決しました。この『TPP~』に関しては各市町村議会で意見書が取り纏められています。ただこの意見書についていつも疑問に思うのは、政府に提出したとして一体どれだけの効力があるのか?ということです。各意見書の巻末には〇〇大臣宛とあります。ということは少なくともそれぞれの省庁の担当課?部?局?には届けられるのでしょう…。しかし肝心なのは、この意見書がその後の政策の意思決定の場に活かされるかどうかということです。活かされるのであれば非常に意味のある行為ですが、仮に逆の場合、取り纏め自体単なる自己満足に陥る可能性があります。一度意見書のその後の取り扱いについて調査する必要があります。
スポンサーサイト

そろそろ

エコポイントの期限があと僅かとなりました。連日報道されているように薄型テレビは何処もかしこも在庫切れが相次いでいるようです。確かに期限付きの特典商法は期間中一定の効果をもたらしますが、期限が終了した後の冷却期間はどうしても避けることができません。景気低迷の中での苦肉の策としては致し方ないものの、次なる景気浮揚策を示してもらいたいものです。しかし、今の政府・民主党にそれを求めるのは酷かもしれません。外交は言うまでもなく、法務相の辞任、官房長官、国交相への問責決議案の可決等、内政も行き詰まっている感があります。先の講演会で「二大政党を根付かせるためには今が我慢の時。ここまで稚拙とは思わなかったが、与党として育てていくしかない…」とのことでした。ですが、民主党を育てるために国益をこれ以上損なうことが果たして許されるのか判断に苦しみます…。

プレイパーク

田迎校区の青少年育成協議会主催の『プレイパーク』が近くの出仲間公園で開かれます。夏の田迎神社前公園に続いて第2回目の開催となります。プレイパークとは、個々の自己責任のもとで楽しく遊ぶことを目的としています。怪我をしても、トラブルがあっても全て自分達で解決するのがルールです。夜半の雨でどうなることかと思いきや、曇り空で少し肌寒かったものの、会場は田迎小の子供達やお手伝いの地域の皆さんでいっぱいでした。子供達も珍しいのでしょう!しめ繩作りや竹トンボ作りを地域の皆さんの指導のもと、楽しそうに向き合っていました。また人気を集めていたのは、パン焼きです。パンの生地を竹の棒の先に巻いて火で焼いて食べる、至って簡単な料理です。私も焼き上がったものを戴きましたが、見かけ以上に美味しい仕上がりでした。校区の老若男女が一堂に会する…とても良いことですね!

色付いています

午前中ある場所で行われる会議に出席します。会議の性質上中身は申し上げられませんが、統一地方選まで半年を切り、様々な動きが起きています。午後から長女の高校の役員会に出席します。2学期の活動報告、学校からの現状報告、今後の予定や次年度の役員等について打ち合わせをしました。3年生の先生からは進路について報告がありました。かなりの生徒が既に大学、短大と進路先も決まっているようです。しかし今日、明日の推薦入試や年明けのセンター試験とまだまだ受験生にとっては気が抜けない日が続きます。また生徒指導の先生からは特に指導を要する生徒もおらず、実に落ち着いているという嬉しい報告もありました。無事短時間で終わり西合志に向かいます。というのも同級生のお父さんがお亡くなりになり、お通夜に参列するためです。急に冷え込んだせいでしょうか、ここ数日お悔やみが続きます。

その威力は?

お酒を飲む方であれば、誰しも酒の上での過ちは大なり小なりご経験があるのではないでしょうか?しかし、あざどころか前歯が欠けたり、顔面骨折となると、事は尋常ではありません。これから年末年始にかけて飲酒の機会、量ともに増えるかと思います。くれぐれもトラブルを起こさない、巻き込まれないようお互い気をつけましょう。おやおやあちこちから「お前が言うな!」と罵声が聞こえてきました(笑)。さてマニフェスト作成の際に『選挙めいわく行為』についてのアンケートを実施しました。その結果ご意見の多くを占めたのが、遊説カーでの候補者名の連呼と、電話での投票依頼でした。『くまもと未来』の議員は次期選挙の際、遊説カーで連呼をしないことを申し合わせています。そこで遊説カーと同等、あるいは上回るものはないものか?と自分なりに思案していました。これが代替品となりますか…

農政協議会

午前中、我が家で資料の整理や期限が迫っている文章の作成をします。最近議員の間では寄ると触ると、選挙の話になってしまいます。新人候補者の動向やお互いの準備状況など話題は尽きることがありません。午後、市役所の14Fホールで開かれる農業委員会の農地部会に出席します。ここ数ヶ月、所用と重なって久しぶりの出席になりました。審議終了後、富合、城南、植木町の農業委員も合流して農政協議会(研修会)が開かれました。講師は全国農業会議所の堀江 光正氏です。商工会議所はよく耳にしますが、農業会議所とは初めて聞きました。講演内容は、昨年の農地法の改正による新たな農地制度の概要とその目的。新制度における農業委員会の果たす役割と対応。さらには各地の農業委員会の先駆的な取り組みの紹介などがありました。ご多分に洩れず農業政策も政権交代で土台がグラついているようです…。

価値観…

予算決算委員会の理事会に出席しました。月末から開会する12月議会での予算決算委員会の日程を確認して終了しました。本日『政務調査費を透明にする会』から熊本市監査委員に対して措置請求がありました。請求の趣旨は、H21年度の支出について納得できない点があるので監査を行い、違法・不法な支出については市長から各議員に対し返還を求めるというものです。その中に会派で作成したマニフェスト『がまだす宣言』の策定に関する業務委託料が含まれていました。1.マニフェスト策定を業者に委託することは政務調査活動とは言えない2.使途基準にないという理由からだそうです。マニフェストの政策的なものや中身の文章は私たちで考案しましたが、精度の高い、見易いものに仕上げるための全体の構成等をプロにお任せました。使途基準については調査研究費の調査委託費用に該当するのではと思うのですが…

誰か分かりますか?

昨日紹介した『がまだす宣言』をインフォメーションにアップしました。個々の議員が取り組む政策も掲載しています。ちなみに私は『熊本市民ドリームコンテスト』なるものを考案し、今後実現に向けて活動したいと思います。一般質問で「くまもとお城マラソン」の開催を2度提案し、名称こそ違うものの、市が音頭を取ってH24年春の開催に向けて動き出しました。この『ドリーム~』とは、そんな市民の皆さんの夢やアイデアを持ち寄り、市民自身が評価し、カタチにしていくコンテストです。メッセージ性のある『ドリーム』を市の財政に大きな負担をかけずに実現していくことで、市民も自信と誇りを持つことになります。また評価する時点で、私たちの住む「くまもと」を再考する良い機会になります。他都市の成功事例を真似るのではなく、熊本にマッチした私たちのアイデアでより良い未来を作りましょう!

記者会見

本日、私たちくまもと未来が作成した会派マニフェスト『がまだす宣言』の完成記者会見をしました。1年半の期間を要してようやく今日の日を迎えることとなりました。下川団長が冒頭おっしゃいましたが、このマニフェスト作成の動機は「このままでは…」という危機感からでした。議員定数や報酬の削減、果ては議会不要論まで取り沙汰される昨今です。私たちはこの数年、年度ごとに目標を掲げて一致結束して市政に取り組んできました。それをもう少し長いスパンで捕らえて、会派として取り組むものと、個々で取り組むものとをまとめました。会見である記者が指摘しましたが、「この指とまれ!」で仲間が増えるにこしたことはありません。十把一からげでなく、真摯に活動している議員、会派があることをご理解ください。なお『がまだす宣言』は近々ホームページにアップします。その際は是非ご覧ください。

今年初の忘年会?

朝一番で銀座通りの行きつけの美容院に髪を切りに行きました。するとビルの入り口の店舗が変わっています。以前は確か和食のお店だったのが、お寿司屋さんに様変わりしています。しかも看板には『24H』と書かれています。まだオープンしたてのようで、お祝いに贈られた花の残骸が置かれています。髪をカットしてもらいながら従業員の方に聞くと、「仕事の終わったホストの皆さんが朝方来ているようですよ…」とのこと。切り終えて11時前に車で帰ろうとしたら、何と!街の出口で飲酒検問をしているではありませんか!堂々と息を吐きながら、美容院での会話を思い出したのでした。今日は『れいすい』スタッフの少し早目の忘年会です。大会後の打ち上げの際、盛り上がったついでに今日の日程が決まりました。今回は鍋のみのはずでしたが、天気も良いので急遽BQと釣果のお魚を用意することにしました。

初体験でした!

現代美術館で開催中の『電気館100年の歴史展』を見ました。電気館が誕生したのは、今から99年前の1911年の元旦でした。そこで年明け早々に100歳を迎える電気館の100年を、当時を偲ばせる写真やチラシ、映画看板で振り返る企画です。白黒フィルムと活動弁士による映像は懐かしさだけでなく、カラー以上の迫力が伝わります。また映画全盛期の頃の満席状態を写した写真からは、高度経済成長期の活力ある日本の様子が見てとれます。開催は来年1月10日までとなっています。入場無料ですので気軽にお立ち寄りください。さて話は変わりますが、ひょんなことから電気自動車に乗る機会を得ました。乗車したのは、写真の三菱自動車製『アイミーブ』。走行中のCO2の排出0、手軽な充電、静かで快適な室内、予想以上の加速力…流石に「次の100年」と言われるだけのことはあります。次、買い替えるなら電気自動車かな?

生き生きネットワーク会議

今日の地元紙にも掲載されましたが、昨日は熊日情報文化懇話会の11月例会でした。講師は民主党政権と近い距離にある名古屋大学の後 房雄教授で、演題は『民主党政権の一年と日本政治の今後』というものでした。1.55年体制以来、選挙は自民か社会か選択肢が限られていた。昨夏は選挙による初めての政権交代だった2.民主党は政治主導ではなく、官僚排除をした。政治家は大きな組織をマネージメントしたことがない。心服させて活用できるか…3.民主党は与党経験がない。走りながら担当能力を身につけるしかない4.政界再編は有り得ない。自民党は外から見る以上に空洞化が進んでいる5.成熟した2つの政党が常に交代可能な状況にあることがベスト…といった内容でした。さて今日は午後、託麻中校区の『生き生きネットワーク会議』に出席したあと、場所を移して『県私学振興大会』の懇親会に出席します。

ふれあい収穫祭

今年も農産物の産地としての熊本をアピールし、市民が農業にふれ親しむ機会をつくり、農産物の消費拡大を促進し、熊本市の農業の振興を図ることを目的に『秋のふれあい収穫祭』が開催されます。朝からびぷれす広場で行われる開会式に出席します。冷え込んだ会場にはJAや花き農協関係の方々がお見えでした。植木、城南町と合併したことで市域も拡大し、耕地面積はもとより、全国に誇る特産品の品数も増えました。安全・安心の『メイド・イン熊本』を購入して大いに普及させましょう。ちなみに収穫祭は今日から20日まで下通り、びぷれす広場、現代美術館、日航ホテルで農産物の販売はもちろん、試食や試飲、料理の実演など楽しい企画が盛り沢山です。開会式終了後、下通りを見て廻ると、秘書時代お世話になった天明地区の皆さんが、茄子を使ったアイデア料理を歩行者に紹介していらっしゃいました。

風物詩

交通センターホテルで開かれた『元気だ!くまもと』観光事業実行委員会に出席しました。本来、議会の経済委員長が出席しなければならないところですが、都合が悪く副委員長の私にお鉢が回ってきました。議題は1.来年1月1日~3日までの3日間開催される「冬のお城まつり」行事実施計画2.来春全線開通する新幹線の開業記念イベントとして3月12日~27日まで開催される「春のお城まつり」行事実施計画でした。行事内容やコンセプトなど聞きたいことは山ほどありましたが、代理でしかも初めての出席で勝手が分からないこともあり、発言を控えました。疑問点は12月議会の折にお尋ねしようと思います。さて阪神百貨店前ではイルミネーションの取り付け作業があっていました。毎年恒例の暮れの風物詩です。本当に一年過ぎるのが早いですね~。今年もイルミネーションを横目に忘年会で右往左往するのでしょう。

厳しい現実

新聞を読んでいくと、スポーツ欄に『熊本シティーマラソン』の実行委員会の初会合が開催された記事が掲載されていました。市の試算では、県内外から1万人が参加した場合、5000人が1泊するとしたら市内への波及効果は3億円に上ることが明らかになりました。コース次第では参加者の増加も見込めます。トップランナーだけでなく、市民ランナーも楽しめるコース設定をお願いしたいものです。さて昨日から私事でいろいろな方とお会いして話をしています。今日は朝から久しぶりに玉名市に向かいます。松尾町から河内町に入ると、有明海が視界に入ってきました。海面が朝日でキラキラ光り、ノリの養殖の幾何学模様が目をひきます。咄嗟に有明海沿いを走るのも悪くないのでは!と閃きました。午後街中で飲食店を経営する同級生と会いました。忘年会がそろそろ始まりますが、厳しい状況が続いているそうです。

久しぶりでした

NHKで2夜連続に渡って放送された『灼熱アジア』、ご覧になられた方も多いと思います。土曜日はインドネシアにおける日本企業、商社マンの苦悩と奮闘。日曜日は日・韓・中の汚染ビジネスを取り上げていました。急成長するアジアに世界中から人、モノ、金が集まっています。他国が国家の総力あげて『戦場』に向かっている中、我が国は未だに方針さえ決まらず、各々の企業努力に任せているのが現状です。TPPの議論もそうですが、「このままでは…」という思いが深まる一方です。さて写真は学園大の学食です。先日の公開講座の際、少々時間があったので立ち寄りました。内部は当時のままでしたが、何となく手狭に感じました。学生の頃はやたら広く感じていましたが、社会に出てあちこちのホテルや、イベント会場を見て感覚が変わったのでしょう。『変化に柔軟に対応出来たものが生き残る』意味深長です。

フェア開催中

先日から個人的なことで逡巡しています。詳細は申し上げられませんが、私自身にとっては今後を考えると大きな岐路に立っているのかもしれません。過去、現在そして将来を熟慮した上で結論を見出だしたいと思います。後日「あの時の話は実は〇〇…」と云える日がくるかと思います。午後知人の病気見舞いに国立病院に行きました。装い新たになってからは初めて足を踏み入れます。坂を登った小高いところにあるせいか、駐車場から入った箇所は4Fになります。手術も無事成功に終わり、元気そうな笑顔を見て安心しました。その足で今度は中古車の展示場に行きます。県外にいる長男から「授業や部活、遠征、バイトの移動でどうしても車が…」との連絡がありました。確かに公共交通機関が発達していない分、移動で苦労しているのは分からないわけではありません。ただ如何せんこちらにも事情がありまして…

入試説明会

学園大学の秋季公開講座に出席します。大学に着くと、中学生とおぼしき親子連れが構内を沢山歩いています。奥の校舎に向かう親子連れに向かって附属高校の生徒たちが案内をしながら「おはようございます」と声をかけています。『何事だろう?』と思い生徒の一人に尋ねると、「入試説明会です!」とのことでした。『もうそんな時期か…』と改めて季節のうつろいを感じたのでした。今日の講師は商学部准教授、杉本 学氏です。お顔もそうですが、自己紹介を聞いて驚きました。何と!S45年生まれの40歳だそうです。そういえば最近TVを見ても批評家の中に若く鋭い方がいらっしゃいます。興味津々聞いていたら、杉本先生はどうも私と相通じる『あまのじゃく』的な要素があるようです。NHKで放送された『無縁社会』に対しての疑問点を次々と示されました。安易に流されず違った視点から見ることは大切です。

珍しいお酒も…

1ヶ月に一度の会派の定例会です。報告事項のあと、マニフェストの取り扱いについて論議をしました。現在印刷中ですが来週早々に仕上がります。そこでマニフェスト大賞の優秀賞も受賞したので、報道関係にも呼びかけて発表してはどうかということになりました。また合わせて会派所属の議員の地元で説明会を随時開催していくことも決定しました。さらに打ち合わせの結果、来月第1回目を先輩議員の花園校区で開くことも決まりました。もう「議会は何をしているのか分からない!」とは言わせません。さて大学時代アルバイトでお世話になり、今もご支援戴く上通りの『堤 酒店』。この度『立ち呑み』を始められました。魔王、村尾といったレアモノから、マイナーなものまでズラリと並んでいます。私は最近ハイボールを愛飲していますが、ここのハイボールは炭酸とウイスキーの割合が絶妙です。是非お出かけを!

飲み過ぎ注意!

尖閣ビデオ映像流出事件で、一部に航海士の行動を容認、賛美するかのような論調があることに危惧を覚えます。ここでは漁船衝突の際の政府の対応についての論評は避けたいと思います。政府の方針に対して、国家公務員がこうした型で反旗を翻すのであれば、おちおち政権を運営することは出来ません。ましてや国家の安全保障の一端を担う海上保安庁の職員が政府の判断に従わないとなると、現場での『独走』『暴走』という最悪の事態が生じないとも限りません。誤った行為は行為として法律に基づいて厳正に対処すべきと思います。さて昨夜と今夜、中心市街地は恒例の『はしご酒大会』が開催されています。私も馴染みのお店や仲間からお誘いを受けましたが、二日間とも別の会が入っていたのでお断りしたのでした。少し早い時間に到着しましたが、恐らく今夜も街は賑わうことでしょう。良いことです(笑)。

市役所『託麻会』

昨日記した『マラソン大会』の記事が地元紙の一面にデカデカと掲載されました。これまでの議会での私の発言を知る数人から「よかったね!」「実現しそうだね!」との電話やメールを頂戴しました。実は昨夜自身のホームページの議事録をクリックして、H21年・第1回定例会での発言を確認しました。『熊本城を活かす観光戦略』の中で、マラソン大会について「市が先頭に立って旗を振って企画してもらいたい!」と強く訴えています。東京マラソンは、ホンの僅かな都の持ち出しで何百倍という莫大な経済効果を上げています。これから市の経済振興局が窓口となって纏めていくものと思います。市街地のみならず、熊本市全体の賑わい創出のために取り組んで戴きたいと思います。私もボランティアとして運営に参加するか、ランナーとして走るか、嬉しい悩みが生まれました(笑)。今夜は市役所の大学OB会です。

オレンジリボンキャンペーン

知人から息子さんの就職の件で話を聞きました。市内の高校を卒業後、県外の大学で学び、来春めでたく卒業の予定です。ところがかなりの数の採用試験を受けたにも拘わらず、現段階で内定には到っていません。『円高』『デフレ』景気は回復するどころか、今や悪い状況が恒常化しています。就職戦線における求人数も一頃に比べると、大幅に減少しています。私にも年頃の子供がいるだけに、とても他人事とは思えません。心当たりの企業に最新の就活、景気動向を尋ねてみようと思います。さて嬉しい知らせがありました。一般質問で何度か実現を促した『マラソン大会』がいよいよ開催に向けて進みはじめました。来週15日に市、県、熊日、陸協を中心に第1回目の実行委員会が開かれます。記念すべき第1回大会は政令指定都市になるH24年、3月を目処にしているそうです。ウキウキするニュースです!

そろそろですね

プロ野球にしろJリーグにしろ、優勝や順位の決ったあとの消化試合ほど面白くないものはありません。プレーしている選手からすると、来シーズンのこともあり決して手抜きプレーは許せません。しかしその一方で支えるファンの気持ちはというと…いくら熱心なファンといえども、試合に関する興味は失せ、会場に足が向かなくなるのはむしろ当然かもしれません。では逆に優勝の行方が最後までわからない競った状況ならどうでしょう?ファンであれば、会場でメガホン片手に声援も送るでしょうし、テレビの前で一喜一憂するのではないでしょうか。昨日幸山市長が2人の新人を相手に大差で破り、3選を果たしました。投票率36%は過去2番目の低さだそうです。相手が相手だけに予想された結果と云えます。低い投票率の中で約17万票の得票があったわけですので、きっと自信を持って3期目の舵取をされることでしょう。

地元紙にも掲載

昨日熊本に帰ってから知人の米寿のお祝いに出席しました。時折お会いしますが、いつお会いしても笑顔で楽しそうに杯を重ねていらっしゃいます。また最近は歳を重ねるごとに肌もツヤツヤし、逆にお若くなっていらっしゃるかのようです。この方はカラオケの指導やバンドで演奏したりと、今も『青春』を謳歌していらっしゃいます。恐らく音楽に携わっていることが若さの秘訣でしょう。「今後も音楽、人生の素晴らしさを多くの人々に広めて戴きたい!」とお願いしたのでした。途中で失礼して、先頃託麻中で行われたバザーの反省会に出席します。既に子供達は卒業していますが、良い型で関与したいものです。さて先日開催した『れいすい杯ミニバレーボール大会』の結果と大会の模様をインフォメーションにアップしました。見れば当日の楽しい雰囲気が伝わること間違いありません!是非ご覧くださいませ。

毎日新聞に掲載

尖閣諸島沖の漁船衝突事件の状況を記録したものと思われるビデオ映像が、インターネットに流出しました。察するに衝突事件に対する中国への反発、日本政府の一連の対応への不満が考えられます。時を同じくして警視庁の内部資料とみられる国際テロ関連の文書が流出したこともあり、「国家の情報管理は一体どうなっているんだ!」という声が噴出していることも当然のことと云えます。しかしよくよく考えるとこれらの情報は、ごくごく限られた一部の『日本人』が管理している国家の最高機密事項です。これを外部に流出することは、それ相応のリスクを覚悟した上での行為と云えます。愛国心?もしくは『国家転覆』『政権交代』を画策したと云えなくもありません…。とにもかくにも情報流出が日本人であることは疑いようもありません。日本人の敵は外にあらず、国内、それもごくごく身近にいるのでは…。

善政競争の行方

11月5日、東京も清々しい秋空に恵まれました。午後2時、ここ六本木ヒルズでは第5回マニフェスト大賞の授賞式が始まりました。大袈裟かもしれませんが、今日の結果如何では、私たち『くまもと未来』の今後の活動に大きな影響を与えることは間違いありません。会場には全国各地から私たち同様優秀賞を受賞した多くの地方議員が詰め掛けています。コミュニケーション、政策提言、成果、議会改革、マニフェスト推進…の各最優秀賞の表彰が終わり、いよいよ残すは私たちがノミネートされているマニフェスト大賞グランプリの地方議会部門と首長部門のみとなりました。壇上に下川団長と大石議員が登壇しました。審査委員長の北川正恭氏から大賞が発表されます。僅かな静寂の時が流れたあと、大賞受賞者の名前が読み上げられました。「川口市議会」。残念ながら大賞の栄誉は逃しましたが、得難い経験をしました。

高い利用率でした

朝、目を覚まして起き上がろうとすると、ふくらはぎ、太股の張りをはじめ、体の節々に違和感があります。咄嗟に昨日の『金峰三山マラソン&ウォーク大会』の山登りが頭を過ぎりました。一年前に比べダイエットには成功したものの、山登りの辛さや苦痛は年々増していることを実感しました。さて午前中東京に移動します。前から申し上げているようにいよいよ明日マニフェスト大賞の授賞式があります。その前に市政に活かすための先駆的な取り組みをしている自治体の調査をします。羽田空港に着いたその足で世田谷区で実施しているレンタサイクル事業を調査します。現在熊本市でも実証実験をしている最中です。ここは京王線をはじめ各電車の沿線沿い3ヶ所に駐輪場とレンタサイクルポートを設置しています。駅を拠点に自宅や会社、あるいは学校までの往復に利用されています。太陽光発電には恐れ入りました。

そろそろスタート

昨日に引き続き市長選で槍玉に上がっている議会費について私見を述べたいと思います。報酬や政務調査費を削減するとのことですが、H20年度の熊本市の歳出総額2119億円に占める議会費は、0.5%、その額10億円です。ではどんな目的に使ったのか代表的なものを紹介しましょう。先ず第1は民生費で35.4%、753億円になります。民生費の6割強が生活に困窮している人の保障や児童福祉に充てられています。2番目は公共施設を建設するときの借入金の返済金の公債費が16.3%、345億円となります。3番目は道路維持や整備のための土木費が12%、254億円となっています。議会費が現状のままで良いとは申しませんが、構成比率からすると微々たるものです。年々硬直しつつある歳出で、いかに自由度の高い財源を捻出し、確保できるかがこれからの課題と云えます。さて久しぶりにコラムを更新しました。是非ご覧くださいませ。

迫力満点でした!

市長選で、ある候補者が議会をはじめ市政の改革を声高に訴えています。1.市長の退職手当の廃止2.市職員の削減3.市議会定数の削減4.議員報酬の削減5.政務調査費のカット…が主な柱です。議会改革が喫緊の課題であることは否定しません。否定するどころか、私たち『くまもと未来』は、先頭ランナーとして走ってきた自負があります。これまでも議会改革のイロハのイである議会基本条例『がまだす条例』を自ら作成し上程しました。また市街地のスカウト行為を禁止する条例も同様に作成した経緯があります。残念ながら両方とも議会内の様々な思惑もあり日の目は見ておりません。がしかし、私たちはめげずに独自のマニフェストを作り、新たな『松明』を掲げようとしています。「何をしているのかわからない!」 という議会全体の発信力の無さは否めませんが、個々の議員の発信にも着目して戴きたいものです。

始まる!

今日から市長選の記述前投票が始まりました。7日の投票日に仕事やイベント、行楽等で投票に行けない方のために設けられています。市役所別館の駐輪場8Fをはじめ、各総合支所、各市民センターで、朝8時半から夜8時まで投票できます。私も以前は投票日に投票していましたが、当日突発的な用件が入ったり、大雨で行きたくなかったことがあり、最近は期日前投票で済ませるようにしています。今朝駐輪場にある投票所に行くと、早い時間にも拘わらず多くの市民がいらしていました。当日都合の悪い方、一刻も早く投票したい方にはオススメです(笑)。控室で同僚議員と話していたら、幸山市長が今回の選挙戦に関して「低調」「低い関心」と云われることにピリピリしているそうです。やっぱり当事者からすると、結果はさておき投票数、投票率は気になるのでしょう。候補者のみにしか分からないかもしれません…

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。