FC2ブログ
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来年もよろしく

大晦日を迎えました。ここ数日、新聞やテレビでは1年を振り返る10大ニュースが報じられていました。そこで私も今年を振り返って5大ニュースを選出しました。先ず第5位はバイクを購入したことです。選挙以後、経費節減と『臥薪嘗胆』でバイクで活動しています。第4位は長女の通う学校のPTA会長になったことです。歴史と伝統ある学校で貴重な体験をさせて戴いています。第3位はアイパッドを購入したことです。歳は重ねつつも、時流には乗っておきたいものです。第2位は初めてグラウンドゴルフ大会を開催したことです。開催寸前まで天気を心配しました(笑)。第1位は何と言っても、県議選に立候補して落選したことでしょう。私自身のこれまで、そして今後の人生においても大きな出来事になりました。1年間ご愛顧戴き、誠にありがとうございました。
スポンサーサイト

同級生

本日地域の居酒屋さんが閉店します。田迎小の隣にある『和み家』さんです。女将さん曰く「ここ数年厳しい状況が続いていたけど、東日本大震災以降は平日はもとより、週末も客足が遠退いてしまった…」。確かに日本経済が上向き加減だっただけに、震災はショックでした。子供達が小学生だった頃、PTAで何かあった後は『和み家』さんでした。もう一度飲み会をしたかったのですが、あいにく連日連夜予定が入っています。そこで、昨夜消防団の夜警を廻った後に立ち寄りました。長年の感謝の思いを込めて花束とケーキを贈ったのでした。大将ご夫妻が今後も健康に留意されてご活躍されることを祈念して止みません。さて今年最後の忘年会は、毎年恒例の高校の同級生によるものです。メンバーはその時々で変わりますが、忌憚のない会話が飛び交います。

あれ…見覚えあり(笑)

昨夜の忘年会の席上、市役所の不祥事が話題になりました。これまで市役所の不祥事は数多ありましたが、人々の口の端に上がるのはかつてありませんでした。それだけ今回の件はショッキングだったのでしょう。内容もさることながら、全国ニュースのトップで流れたのが大きく影響しました。地元紙も堪忍袋の緒が切れたのか、これまでタブーとされてきた領域にも触れざるを得なかったようです。昨日も市役所には抗議のメールや電話が多数あったようです。繰り返しになりますが、来年は明るい話題を見聞きしたいものです。さて昨夜から年末恒例の消防団の夜警が始まりました。毎年託麻中校区の分団の詰め所に激励、慰労にお邪魔しています。今年は珍しい焼酎が手に入ったので、しっかり鋭気を養ってもらいたいと思います。崇高な活動に改めて感謝です!

御用納め

28日、官公庁はじめ多くの企業は今日で御用納めとなります。所用もあり、午後市役所に行きました。時間はありませんでしたが、顔なじみの職員数人と会いました。その中のお一人から「ブログ毎日見てますよ!時々紹介されるお店にも行っています」と声をかけて戴きました。議員ならいざしらず、一介の浪人生のブログを見て戴いていることに気恥ずかしい思いをします。また知り合いのお店を紹介することも、何らかのお役に立っているんだなと感じたのでした。さて今日から本格的に『フェイスブック』を始めました!なかなか要領を掴めませんが、徐々に慣れていけばと考えています。「高島和男」で検索して戴くと、県議選の際の必死の形相からご覧戴けます。一日の活動をより詳細にお伝えし、その時々の「つぶやき」をお楽しみください!

なんでもやってみる課

それは目、耳を疑うようなショッキングなニュースでした。昨日市役所が発表した懲戒処分の件です。特に2年間に渡るパワーハラスメントは、俄かには信じられない案件です。またこれだけ飲酒運転が厳しく云われている中、未だにハンドルを握ること自体信じられません。何千人もいれば…と思う反面、私が知る多くの職員はひたむきに取り組んでいることを知っているだけに、不祥事の報は残念でなりません。来年こそは『根絶』を願って止みません。さてある会社を訪れると、ご覧のようなプレートが掲げてありました。大変興味があったので早速社員の方に「なんでもやってみる課」とは?と尋ねました。すると「社内で問題、課題が生じた際に臨機応変に対応します」とのことでした。稟議書を回す時間があれば解決しよう!という心意気が伝わってきたのでした。

正月ムード

朝から田崎市場を廻りました。話によると、最近は以前に比べて年末の買物客が激減しているそうです。私が大学生の時アルバイトをしていた頃は、多くの一般客で賑わっていました。その後、生活スタイルも変化して24時間、365日営業が当たり前のようになりました。コンビニはもちろん、大型店が元日からオープンすると、買い置きしておく必要がありません。今後ますます正月らしい文化は廃れていくのでしょうか?市場では28日から大晦日まで、一般客のために開放されるそうです。新鮮で安価な商品を手に入れたい方は是非足を運んでみてはいかがでしょう。さて正月まで一週間を切りました。クリスマスも終わり、何となく気分も気忙しくなってきました。スーパーもご覧のように年末年始に向けた商品が陳列されています。餅は買うものになったのか…?

納得できないな~

サッカー、ラグビーなど、ウインタースポーツ真っ盛りです。この時期私が一番大好きな競技は『駅伝』です。中でも全国高校駅伝の男子と正月の箱根駅伝は、時間の許す限り見るようにしています。「走る」というきわめて単調な競技ですが、「走る」ことは全てのスポーツの基本になります。一本の襷に母校の名誉と仲間との絆を托してひたむきに走る姿は、見ている側に大きな感動を与えます。九州勢が上位独占した頃、西脇工と報徳学園の死闘、最近の外国人留学生を擁した学校の活躍…毎年ドラマが繰り広げられます。今日は高校駅伝が開催されました。県勢は優勝候補と目されていた九州学院がダッシュ良く飛び出しましたが、伸び悩み3位に終わりました。予選の記録通りに運ばないところに駅伝の難しさがあります。大学生は致し方ないものの、高校駅伝に外国人留学生はいかがなものでしょう?

ミニバレーの皆さんと

今日クリスマスイブは長女の誕生日です。本日めでたく18歳になりました。進路も決まり、冬休みに入ってから悠々自適の毎日を送っています。将来を見据えて有意義な大学生活を満喫してもらいたいものです。さて今夜はあるミニバレーボールチームの忘年会にお邪魔します。『れいすい杯』に参加されたのがご縁でお声をかけて戴くようになりました。参加された方からの感想やご意見は、とっても新鮮なものがあります。きっと今宵もいろんな話が伺えることでしょう!

ネーミング

子供、商品…何事につけ名前をつけるのには頭を悩ませます。また名前の由来や意味を聞いて納得、理解するものもあれば、一発で心を射止めるものもあります。今日家内と近くのスーパーの野菜売り場でご覧のネギが目に留まりました。恐らくというより、ほぼ間違いなく『乃木大将』を捩ったものでしょう。「乃木」と「ネギ」1字違いの響きに思わずニヤついたのでした(笑)。生産者というか、命名した人はユーモアのセンスのある方でしょう。ひょっとしたら『乃木大将』のご親戚?生産地がゆかりの地?袋を見て思わず妄想したのでした。さて今夜は先日開催したグラウンドゴルフ大会のスタッフの皆さんの反省会をします。ついこの前も大会に参加した方から幾つかの指摘、要望を頂戴しました。戴いたご意見を参考にして次回に活かしたいと思います。

最新建築

地域後援会の役員の皆さんの家を訪ねます。私は毎年地元の公民館で新年会を開いています。そろそろ来年の日程と案内の対象を考えておかなければなりません。それぞれの地域の名簿を確認してもらい、追加すべき人を加えていきました。年が明けてから案内状を配布して廻りたいと思います。さて長女の学校の紹介の最終回?です。教室のほとんどはガラス張りで、非常にオープンな感じがしました。天井は高く、廊下も幅があり、広々とした印象を受けました。また各階に先生方の職員室的なものがありましたが、ドアを開けて入る『部屋』ではありません。これまでの職員室の常識を覆す、廊下に面したスッポンポンの空間には正直衝撃を受けました。外に出て改めて校舎を見上げると、校舎も緩やかな孤を描いています。四角四面よりも穏やかで温かい気がしますね。

進化しています

せっかくなので昨日の新しい学校を見学した際に気づいた最新の設備を紹介したいと思います。それは写真の黒板です。以前は板書を黒板消しで消して外で叩いたり、ちょっと進んだところでは電動の箱の上を動かしてチョークの粉を吸い取って処理していました。この最新式はご覧のように右手前部分に粉を処理する機械が設置されています。その部分で黒板消しを動かすことで、粉が飛び散ることなく処理できる優れものです。また見えにくいと思いますが、黒板には板書しやすいように升目が印されています。これで板書の苦手な先生も安心です。さらに見てお分かりのように、板は微妙な角度で孤を描いています。恐らくどこからも見やすいように緩やかな曲線を作っているのでしょう。何事もそうですが、時代と共に進化していることを肌で感じたのでした。

引っ越し

挨拶廻りの最中長女の学校に立ち寄りました。建設中だった新校舎がようやく完成し、今日と明日の2日間で引っ越しをします。いくら生徒がいるとは言え、机・椅子をはじめ、図書館の本やこざこざしたものまで含めると、半端ではありません。時間と量を考慮して専門の業者にもお願いしたそうです。先生方も疲れた時には甘いものが良いかと思い、シュークリームを差し入れました。ちょうどお昼休みに入った時間だったので、校舎内を案内してもらいました。最上階の8階から下りていきましたが、どの教室にもご覧のように段ボール箱が所狭しと置かれています。まあーしかし8階ともなると見晴らしの良いこと!近い距離にあるとは言え熊本城が見えたのには驚きました。最新の設備が随所に設置されてさぞかし勉強もはかどることだろうと思ったのでした(笑)。

急死

早いものであの日から1年が過ぎました。あの日とは県議選への出馬を最終決断した日です。地元の公民館に後援会の主だった皆さんにお集まり戴き、出馬に至る経緯や私の思いを説明しました。振り返ると、本当にあっという間の1年でした。今年も残り僅かとなり、いろんな思いが込み上げてきます。さて今日のお昼、世界に衝撃が走りました。余波は朝鮮半島のみならず、東アジアの動静に関わります。また来年はアメリカ、ロシア、中国と大国の指導者も交代します。報道で『閉塞感』がよく取り沙汰されます。しかし今や世界各国で『閉塞感』のない国はありません。世界の裏側での政変や自然災害がある日突然私たちの身に降り懸かる…。『閉塞感』の正体は自身の運命を自らコントロールできないジレンマではないでしょうか。暫くは朝鮮半島から目が離せません…

お祝い

大恩ある方の叙勲のお祝いに出席します。一口に叙勲と称しますが、長年国家、公共に従事され、その功績がきわめて顕著な方に贈られます。つまり、働いていた方なら誰しも貰えるというものではありません。熊本市消防局の職員として、40年間市民の生命と財産を守るために我が身を粉にして働いてこられました。また退職後は地域の自治会はじめ様々な役職を通じて地域発展にもご尽力戴いています。今回の受賞は、一連の働きぶりを評価されてのものと思います。お祝いにはご家族、ご親戚、地域の方々、さらにはゆかりのある皆さんが大勢集まりました。今年は特に3月に東日本大震災が発生しました。消防職員、地域の消防団員が震災直後のぎりぎりまで活動していたことはご承知の通りです。今回の受賞は消防に関わる多くの方々を勇気づけることでしょう。

ただ今帰還しました

昨日政令市移行に伴い分割される熊本市選出の県会議員の割り振りを協議する検討会が開催されました。ご承知のように政令市になると、東西南北と中央の5つの区が誕生します。検討会で示された定数は、中央と東が4、南と北が3、西が2でした。それぞれの区の人口からすると、自ずと出て来る数値です。風の便りでは一部の党が、選挙区を分けることに反対しているとのことでした。先行の政令市の例もあるので、よほどの理由がない限り反対は難しいのではと思っていました。選挙区が小さくなること、初めての選挙であること等を考えると、今回以上に厳しい戦いになるのは間違いありません。来年の議会に議員提案されますので、可決後はいよいよ私の活動も本格化します。さて最近運動不足解消のため、忘年会の会場まで歩いています。もちろん今宵も歩きます!

お詫び

「高島くんにとっては最悪の年だったね~」挨拶廻りをしていて言われました。社交辞令的なものから激励まで、いろんなことを言われますが、これだけストレートな物言いは初めてです(笑)。しかしよく考えると、それだけ親身に考えて戴いていると思えなくもありません。額面通りに受け取るのでなく、相手の本心を読み取ることが大切です。また県議選では市議の選挙とは比べものにならないくらい多くの新しい方々と出会い、ご支援を戴きました。この新たなご縁をいかに強い強固なものにしていくかが今後の『鍵』になります。そんなことを思いながら廻っています。さて携帯電話でホームページをご覧の皆さんにお断りです。諸事情でご覧戴けなくなりました。早速工事に取り掛かり、改めてご覧戴けるようになりましたらお知らせいたします。ご迷惑おかけします。

城彩苑

忘年会の席で城彩苑にテナントとして入っている方とご一緒しました。話によると「城彩苑が年末28日から31日まで休まなければならないのはおかしい」「厳しい状況下にあって少しでも稼ぎたい!」「観光客は少ないかもしれないが、帰省した人も来場するのでは…」「お城との併設の施設ではあるが、役所的な物差しで判断してもらいたくない」といった内容でした。いちいち尤もなご意見です。ただ入居している全テナントの総意かどうか計りかねます。担当部署も聞く耳はありますので、先ずは入居している皆さんの考えの集約が大切なことをお伝えしました。さて午後PTA災害見舞金の判定会議に出席しました。雑談の中で、先日ある学校のクラスマッチの最中、生徒が意識不明に陥ったそうです。その際AEDを適切に使用して事なきを得たそうです。嬉しい話でした。

あいにく逆光でした

午後お世話になっている方のお母さんの葬儀に参列します。つい先日お邪魔した折に、病状が良くなって一安心したという話を聞いたばかりでした。ご遺族のお話から子煩悩でお孫さんを可愛がり、地域の方々からも愛されていた素敵な方だったことがよくわかります。謹んでご冥福をお祈りいたします。さて今廻っていて目に留まるのは、木々の紅葉です。特に金色に色付いた銀杏が並んでいると、思わず足を止めて見上げます。今日立ち止まったのは、ある小学校の校門でした。掃除時間でしょう、生徒が箒で掃いてビニール袋につめています。ふと校内を覗くと金色の袋がいくつも山積みされているではありませんか!目の保養にはなりますが、掃除をする方からすると、さぞかし厄介なことでしょう。本当はもっと綺麗な銀杏だったのですが、残念ながら逆光でした。

それは…

橋下・新大阪市長が次期衆院選は、道州制を含めた行政機構の抜本的な改革が争点になるとの認識を示しました。確かに大都市制度、国と地方のあり方は大事な政治課題です。しかし、それらが果たして国民の信を問うべきテーマなのか?氏の認識には違和感を覚えます。それよりも大阪都構想を推進するため、主要政党に踏み絵を踏ませるためのアドバルーンではないでしょうか?主要政党は次期衆院選に向けて、人気の高い『維新の会』を取り込みたいのが本音です。そのためなら公約、マニフェストの一丁目一番地に掲げる政党も出て来ないとも限りません。思うに小泉劇場以来、国民はじっくりと物事を思考することが苦手になった気がします。毎週のように調査される内閣支持率が、結果として首相を次々変えているのではないでしょうか。政治、民主主義は本来、時間と手間がかかるものです。威勢の良い発言は、現状に不満を抱く国民にとって耳障りの良い、頼もしい発言に聞こえるかもしれません。しかし発言が実現しない場合、国民は簡単に政権を見放します。また最近はその猶予期間がやたらと短くなりました。つまり堪え性がない、飽きっぽくなっています。政治を司る側に問題があるのは否定しませんが、威勢の良い発言はじっくりと吟味する必要があります。

今日は良い天気です(笑)

昨日の『全日本きもの装いコンテスト きものフェスティバル 九州大会』の続報です。私は所用があったので途中で失礼しましたが、夜忘年会の最中に嬉しいメールが届きました。学校対抗で優勝、出場された男性の先生が男性の部で2位、 そしてナントナント着物の女王は中学校の3年生の生徒でした。学園でほぼ独占状態といって良い結果です。朗報に思わず雄叫びをあげたのでした。これまた先週末嬉しい連絡を戴きました。グラウンドゴルフ大会に参加した方から「町内で参加したメンバーがみんな楽しかったって言ってるよ」「一度プレー前に来たら?」との話を頂戴しました。そこで本日の午後公園にお邪魔することになりました。先日の大会の時とは打って変わって素晴らし好天です。大会がおかげで無事終了したこと、出場して戴いた御礼を申し上げました。

きもの 良いなあ~

「日本の心と美の祭典」と題した『全日本きもの装いコンテスト きものフェスティバル 九州大会』が県立劇場で開催されます。野田代議士にご案内を頂戴したこと。それと長女の通う高校の「和装礼法同好会」が部門毎のコンテストに出場するので応援にきました。今さら言うまでもありませんが、日本には茶道、華道はじめ多くの貴重な伝統文化があります。そしてこれらはきものを装った上でこそ成り立ちます。今日は来年4月の世界大会出場に向けての予選でもあります。コンテストでは装い、容姿、立居振舞、情緒、言葉遣いが審査されます。女性の振袖、留め袖、カジュアルの部門。そして男性、子供や外国人の部門が次々に審査されていきます。色鮮やかなステージを見ながら改めて『きもの』の素晴らしさを感じたのでした。生徒たちも頑張っていました!

忘年会

今年も有り難いことに師走に入ってから連日忘年会が続いています。働き始めた頃、ある方から「毎晩飲み会に誘われるようになれ」「職場以外の人脈をどれだけ持っているかだ!」と言われたことを思い出します。その後、私はその方の言い付けを柔順に守って今日に至っています。また私らの場合、ある意味人気商売的な要素があります。飲み屋さんもそうですが、この時期手帳に予定の無い議員は次の選挙で勝ち目があるとは思えません。お誘いがあるということは、「話をしたい」「顔を見たい」「声を聞きたい」ということであり、それだけ必要?とされていることでもあります(笑)。アルコールが苦手な方からすると、単なる飲み好きの言い分に聞こえるかもしれません。しかし屁理屈と言われようと、人間関係の構築を目的に今宵も街へ出て来たのでした。

分煙

挨拶廻りをしていたら嬉しいメールが届きました。私のところに来ていたインターン生から就職が決まったという吉報です。先に内定した二人とお祝いしたいと思います。さて先日市役所を訪れると、以前は庁舎内にあった喫煙室が外に設置されています。政権交代以降、タバコに対する風当たりが滅法強くなりました。昨年の大幅値上げをはじめ、復興税に組み込まれようとしたりと、財源というと常に白羽の矢が立ちます。以前厚労省の局長が各自治体に公共の場における禁煙実施の通達を行いました。増加の一途を辿る医療費、保険料、疾病の予防、厚労省の考えも分からぬわけではありません。一方でタバコは自治体にタバコ税として毎年大きく寄与しているのも厳然たる事実です。CMにもありますように喫煙者と非喫煙者が調和できる社会が理想ではないでしょうか。

明日体は大丈夫かな?

選挙でお世話になった幼稚園の餅つきにお邪魔します。昨日「雨が降ったら中止かも」と聞いていたので、てっきり取りやめかと思っていました。ところがテントを張って屋外でやるとの連絡をもらい急いで駆け付けました。餅つきを始める前に園児、保護者、そして私のようなお手伝いがホールに集合します。園長先生から「雨だけど、みんなが楽しみにしていたのでやります!」とおっしゃいました。すると園児達の「ヤッター」の大きな声がホールに響き渡りました。用意された臼に蒸したもち米を順々に入れ、大人がある程度ついてから園児にバトンタッチします。小さい杵を持った園児は「よいしょよいしょ」の掛け声でついていきます。地域の餅つきには毎年参加していますが、園児達とは子供の保育園以来ですから久しぶりでした。やっぱり子供は良いですね~

人生は長い

熊本県、そして柔道界に激震が走りました。オリンピックを2連覇した内柴氏が逮捕されたという件です。最近スポーツ競技の世界大会で、優勝若しくは活躍した団体や個人に対して国、県、市が栄誉を称えて表彰する傾向があります。日本を代表して戦い、並み居る強豪国相手に栄冠を勝ち取る…確かに多くの国民に感動と勇気を与えているのは間違いありません。私が以前から懸念していたのは受賞する選手の『年齢』です。スポーツ選手が活躍する時間は極めて短く、若くして引退するのが世の常です。人生80年と云われる今日、引退後の第二の人生をいかに有意義に過ごすかがスポーツ選手にとって大きな課題であることも事実です。選手として大成した人が第二の人生も順風満帆とは言えません。むしろ脚光を浴びる方はごく僅かで、多くの皆さんはご苦労が多いのではないでしょうか。明るい話題が少ない中で、「郷土の誇り」と競って表彰するのも分からぬわけではありません。亡くなって表彰するのは論外として、あまり若い方を表彰するのはいかがなものか…。今回のケースは表彰のあり 方に一石を投じたのではないでしょうか。

今日も行きました

師走に入って暮れの挨拶廻りの時期になりました。市議時代は議会中ということもあり、勝手ですがごく少数に限っていました。ところが今年は県議選もあり、これまでと廻る範囲、企業・団体と種類も格段にアップしました。さらに野田事務所の分もありますので、何時に増して多忙な一ヶ月になりそうです。さて以前記したかもしれませんが、地元の田迎南校区の良間神社の筋向かいにある『福おはぎ』さん。こちらの商品はいずれも絶品です!おはぎ、まんじゅうとありますが、中でも皆さんにお勧めしたいのは『芋パイ』です。程よい甘さの芋をパイ生地で包んだ『芋パイ』は、一度食べたら癖になること間違いありません。特に出来立てほやほやときたら、その美味さは倍増…いや3倍くらいになるかも(笑)。優しい奥さん達が笑顔で出迎えてくれますよ。

表明

先週末、地元紙の一面に蒲島知事が来年の知事選に再度出馬することを決断した旨がデカデカと掲載されました。また今日の県議会の最初の一般質問に「出馬」を答弁することも書かれていました。質問する前にこれだけ書かれると、質問する側からするとたまったものではありません。せっかく準備した質問がただの『消化試合』になってしまいます。私も市議時代、用意した質問とほとんど同じ内容が質問前に掲載された経験があります。一体誰が「出馬」情報を漏らしたのか?事柄が事柄だけに職員が答弁書を書くのは考えにくいことです。知事側近あるいは知事本人か…いずれにせよ情報通りのやり取りが本日県議会で繰り広げられたようです。経済界の一部には知事に対して厳しい評価があるやに聞きますが、大方は可もなく、不可もなくといったところのようです。果たして今後の行方はいかに…。

フラダンス観賞

昨日はバタバタした長い一日でした。グラウンドゴルフ大会を終えたあと、午後から長女の通う高校の講演会とPTAの役員会に出席。終了後一目散に帰り、夕方グラウンドゴルフの役員の皆さんとの反省会。引き続き同じ店で地域の青年部の忘年会。その後移動して気の合う仲間との忘年会と、店から店をはしごをしたのでした。さすがに家に帰り着いた途端、大きなイベントを無事終えた安堵から疲れがドッと出ました。一夜明けて月初めの日曜日ということで、朝から団地内の清掃がありました。大会に参加した方からは御礼の言葉を、用件があって参加できなかった方からはお断りの言葉を頂戴したのでした。さて今宵は以前記しましたが、フラダンスを観賞しながらのディナーに出席します。PTA活動を通じて知り合った方からのお誘いです。心地好いメロディーです。

ハラハラドキドキ

昨夜来の雨音を聞いて『高島和男杯グラウンドゴルフ大会』は順延かな?と思いつつ、朝5時に目を覚ましました。外に出ると、なんと!雨が止んでいるではありませんか!急いで身支度を整えて役員の皆さんに開催する旨の連絡をとりました。まだ真っ暗な6時過ぎ会場の御幸中央公園に到着し、先ずは気になるグラウンドの状態を確認します。心配していた野球場の方はかなりの広範囲にわたって水溜まりが出来ています。そうこうしているうちに役員の方々が次々お見えになりました。協議の結果、やむを得ず当初4つだったコースを3つに減らしてプレーすることになりました。250人の受け付けが終了し、開会式が始まりました。プレーが進むうちにどんよりとしていた雨雲も消えて薄日がさしてきました。それにしても昨日、今日とストレスがたまりました…(笑)。

有り難いですね~

『第1回高島和男杯グラウンドゴルフ大会』がいよいよ明日に迫りました。先日も記しましたが、どうも天候が気掛かりです。予報では今夕から明日にかけて本格的に、ところによっては雷を伴うと言っています。あらかじめ参加者を募る際に雨天の場合、日曜日に順延することは明記していました。とはいえ主催する側としては明日開催に向けて手筈通り準備を進めておく必要があります。大会本部用のテントの手配、受け付けに使う机や椅子、さらには表彰の賞品などです。時折空模様を眺めて祈りつつ、淡々と用意したのでした。午後3時、大会役員の皆さんがグラウンドに集まりました。明日のコースを手配して戴くためです。「大丈夫だろう!」「今夜から降るて言いよったもん」会話が飛び交いながらコース設定が完了しました。あとはお祈りするしかありません。

| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。