FC2ブログ
ドキッ


暮れの挨拶廻りをしていますが、会社、事業所、施設を訪問しています。「こんにちは」と言ってドアを開けて入ったその瞬間、会社の雰囲気がなんとなく分かるような気がします。これは私に限らず、営業であちこちおじゃましている方々も恐らくそうだと思います。挨拶が聞こえているはずなのに素知らぬふりだったり、顰めっ面で対応に来られたり、それかと思うとまるっきり逆の満面の笑みで迎えていただいたりと様々です。しかし訪問する側としてどちらが気持ちが良いかといえば後者であるのは明らかです。気持ちの良い応対が出来る会社は経営者の経営理念もはっきりして社員教育も行き届いているはずです。当然業績もよくなり、さらに経営者も社員も士気が上がるという好循環のスパイラルが出来ているのでしょう。今日おじゃました施設で担当の方を待っていたら、ご覧の川柳?が目に入りました。福祉施設だけに健康や病気を題材にしたものが並んでいます。一つ一つ読みながら思わずドキッとしたり、ニヤニヤしたり、力作揃いでした。
スポンサーサイト

| HOME |