FC2ブログ
熟考

大阪の高校生の自殺した件で、その後の方針を巡って市長と教育委員会で考えが異なるようです。市長は先生方の総入れ替えや、今年の体育コースの入試の中止を求めています。「可及的、速やかに…」と言えなくもありません。しかしそこに至るまでにどれだけ熟考されたのでしょうか?あまりに短兵急な気がします。「ズバッと」といくのが市長らしさかもしれませんが、物事全てがそう簡単に竹を割るようにはいきません。まして「歴史、伝統なんて…」という発言を聞くに至っては、冷静さを欠いているとしか思えません。耳目を集める件だからこそ行政としてスピーディーに結論付けたいのは分からなくもありません。自らの考えを押し付けるよりも、是非教育のプロの話にも耳を傾けて戴きたいものです。調査の結果、何が問題だったのか?そのためには今後どうすべきか?学校が、教師が、保護者がすべきことは何か?トータルで考えて方針、結論を導き出すべきでしょう。ついでにもう一点言わせて戴くと、一件以来、全部活動が活動を停止しているそうです。昨年、熊本市でもプール事故が発生して夏休みのプール開放が全面的に中止されました。その際も申し上げましたが、中止にすることは簡単ですが、逆に責任を放棄したように思えてなりません。今回も問題の発生したバスケ部は止むを得ないにせよ、その他に関しては一考があってもよかったのではないでしょうか。いずれにせよ冷静な議論を踏まえた上で結論が出ることを期待します。