FC2ブログ
一押しのお店


昨日、2013年の税制改正案を議論してきた自民党の税制調査会が方針を示しました。これまでにも報道されているように消費税増税に伴う自動車税や住宅ローン…です。アベノミクス同様評価の一方で、「利益誘導再び」「業界配慮最優先」といった批判的な声もあるようです。こうした短い見出しが一般国民の脳裏に深く刻みこまれます。しかし果たして「利益~」「業界~」なのでしょうか?デフレの歯止め、適性な円相場の確保、企業の再浮揚、雇用の維持・創出、消費の刺激というプラスのスパイラルを確立しようといているのがいわゆるアベノミクスです。財政出動をして最大限の税収を確保し、財政を再建していくという言わばアクセルとブレーキを同時に踏むという高度戦略でもあります。自動車、住宅は従事する労働者はじめ、関係者が多数存在する裾野が広い産業です。増税を目前にした国民の買い控えを事前に解消する。なおかつ消費行動のプラス効果を他の産業に拡大することを前提にしていることは、想像に難くありません。以前も記しましたが「業界」と単純に一言で片付けるではなく、その背後には多くの国民が存在していることを忘れてはなりません。さて今夜はある皆さんとの定例会?です(笑)。大好きなお店で一献!