FC2ブログ
桜のトンネル

平沼、与謝野、園田氏による『新党』が衆目を集めています。遡ること35年、田中角栄元首相のロッキード事件を発端に河野洋平議員らによる『新自由クラブ』が結成されました。その後の『日本新党』にしても国民の不信感や閉塞感の受け皿になったり、議員が行き場を失くした際の一時的な安全弁として利用されてきました。水泡のように浮かんでは消える新党ですが、どうにも気になるのは『新党』という呼称です。政党に属さない無所属の方、あるいはフレッシュな新人議員で結成するのであれば結構です。ところが「昔の名前で~」の歌詞を思わせるような皆さんで今更『新党』と云われても違和感を覚えます。先の衆院選で彼らに投票したのは「自民党所属の〇〇候補だから」という有権者も少なくないはずです。離合集散は政治の常ですが、本来その行為自体、有権者の信を問う最も大事な要件のはずです…。