FC2ブログ
新築祝い


この度お世話になっている方が親子でそれぞれ新築の一軒家とマンションを購入されました。私の選挙のことを心配されて西区、南区をずいぶん探されたそうです。しかしなかなか見合うところが無く、結局中央区と東区に購入されました。そこで朝から家内と新築祝いを買いに鶴屋に行きました。一つは今や私のお祝いの定番となっているペアグラス。もう一つをどうするか悩みましたが、家内の好きなウェッジウッド製のものをチョイスしました。その足で新居に伺いましたが、これまでの大きな家に比べてこじんまりとした新居でした。子供達も巣立ち夫婦二人になり、掃除や庭の手入れを最小限にしたいとの思いで選択したそうです。確かに我が家を考えても、この先子供達がいなくなると子供部屋は不要になり、空きスペースが生じます。私たちも歳を重ねていけば、階段の上り下りにも支障をきたすようになるでしょう。家庭環境や年齢に応じて家の『スタイル』が変化することを目の当たりにしたのでした。