FC2ブログ
『仮殿遷座祭』


『吉田司家』…相撲ファンならずとも熊本に住む私くらいの年代であれば皆さんご存知と思います。以前は新しい横綱が誕生したときには、必ず熊本の吉田司家に来て土俵入りをするのが慣例でした。その後いろいろな事情で吉田司家を取り巻く環境が一変し、横綱土俵入りの慣習も長らく途絶えて寂しい思いをしてきました。そもそも吉田司家は日本の伝統文化である相撲を正しく子々孫々まで残し、相撲道を通して日本人の原点を伝えていることを使命としています。その吉田司家がこのたび阿蘇市内牧に移転することが決まり、今日は『仮殿遷座祭』が執り行われたのでした。青空の下、地元の阿蘇市長はじめ相撲関係者や吉田司家の再興を願うたくさんの皆さんが集まって厳かな中に盛大に開催されました。当主のお話によると、行く行くは各種大会や将来はテーマパークも計画しているようです。そうなれば熊本県の経済の活性化にもつながりますし、大きな起爆剤となることでしょう。私も県会議員として精一杯尽力することをお約束したのでした。