FC2ブログ
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本遺産 丹波篠山デカンショ節


朝7時に家を出て熊本駅に向かいます。昨日記したように今日から2泊3日の予定で教育警察常任委員会の視察に出かけます。8時40分新幹線で熊本を出発し11時30分に新神戸駅に到着。それからバスに乗り換えて約1時間、目的地の篠山市役所に到着しました。文化庁は地域の歴史的魅力や特色を通じて伝統・文化を語るストーリーを『日本遺産』として認定し、ストーリーを語る上で不可欠な魅力を総合的に活用する取り組みを支援しています。最近よく訪日外国人の増加が報じられていますが、これらの旅行者が日本全国を周遊し地域の活性化に結びつくようにすることが肝要です。そのためには観光客の受け皿となるべき日本遺産が各地にバランスよく存在することが必要です。本年4月、篠山市は熊本県の人吉球磨と並んで日本遺産に認定されました。認定されたタイトルは『丹波篠山デカンショ節 民謡に乗せて歌い継ぐ故郷の記憶』です。かつて城下町として栄えた丹波篠山は江戸時代の民謡を起源とするデカンショ節によってその時代ごとの風土や人情が歌い次がれています。地元の人々はデカンショ節を愛唱し故郷の景色を守り伝え地域への愛着を育んできました。その流れは今も脈々と生き続けており、今や300番にも上るデカンショ節を通じて丹波篠山の街並みや伝統を体験できる世界が展開されています。本当にいろんな日本遺産があるものです…。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。